理想の玄関ドア

>

玄関ドアに求めること

多彩なバリエーション

最近では、もともとあった家に手を加えてオリジナリティを演出する「リノベーション」がメジャーになってきましたね。
リノベーションだと、もちろん家全体を変えていくので同じ家とは思えないくらい家が見違えていきます。

しかし、リフォームしなくても、玄関のドアを変えるだけで家の雰囲気は大きく変わっていくのです。
例えば明るい色のドアを選べば玄関という空間自体が広く感じられるほか、お家自体のイメージも明るいものになります。
逆に暗い色を選べば落ち着いた雰囲気を演出できますし、重厚なイメージになりますよね。

他にも窓付きのものを選べば、玄関からの採光が可能ですのでお家全体が自然の光であふれることになるでしょう。
たかがドア1枚ですが、その影響力はとても大きいものだといえますね。

ドア選びで気を付けたいこと

色々なドアがあって、どういうものを選べばよいかわからないという場合は、家全体のバランスとドアの雰囲気を統一させることに注力してみましょう。
最近ではなんとインターネットでドアをも買えるようになってきました。
ドア一枚を見ただけでは、たとえそれがあなた好みのドアだったとしても実際の家の雰囲気に溶け込むかどうかはわかりませんよね。
極端に言ってしまうと、家の中はシックな雰囲気なのに玄関のドアはパステルカラーを選んでしまうと家全体の雰囲気としては統率がとれていなくてあべこべになってしまうのです。
もちろんドアのデザインにもこだわりたいですが、同時にお家とドアとの相性も大切。
相乗効果で家の雰囲気も良くなることが理想のドア選びのポイントなのです!